2乗3乗の法則

楠コータです。

「2乗3乗の法則:船の速力は一般にエンジン馬力の3乗に比例する。つまり10ノットで走っていた船を20ノットで走らせるためには8倍のパワーが必要ということになる。
パワーが8倍ということは燃料消費もほぼ8倍になる。」

だそうな。

シーカヤックでいえば、普通に漕いでいる力の単純に2倍のパワーで漕いでも1.25倍のスピードにしかならないってことなんですよね。シンドイな・・・(T_T)

しかし逆にいうとこれは、航海速力を必要最小限にまで落として漕ぐときが一番疲れないってことですね。
レースのようなスピードを目的としているのでなければ、ツーリングする上で「疲れないように漕ぐ」ことは、とても重要なことです。

必要最低限の速度=超ノロノロスピードって訳じゃない。
目的地までの距離を予定の時間に到着できるかで必要な速度は違うし、
向かい風や潮流の速度を上回ないと、前に進まない。そうゆうもの考慮しての「必要最低限」です。

遠くまでツーリングするためには、いっしょけんめいに漕ぐのではなく、淡々と効率よいパドリング技術で巡航速度を保つほうがいいってことですね。

がんばらない。漕ぎ続ける。( ̄▽ ̄)