ランさんの爪痕

楠コータでございます。

今年2017年の10月はずっと雨ばかり。しかも23日に日本列島を縦断した台風21号(ラン)は神奈川を直撃し、湘南、三浦半島の海沿いにもかなりのインパクトをもたらしました。台風通過翌日、甚大な被害を受けた城ヶ島ダイビングセンターへ復旧のお手伝いに行きました。

台風通過のピークと満潮時間が重なって高潮にやられ、島の至る所で波が押し寄せ、船は打ち上げられ、道路には岩が転がり、シャッターは壊れ、いろんな物が流されたらしいです。

朝から沢山のダイビングショップのスタッフが駆けつけて掃除や泥掻きのお手伝い。愛されている証拠だね。(^-^)

この25日から一部営業を再開できたようです。潜ってみると海の底の地形も様変わりしていたそうです。

26日は久しぶりの晴れ。葉山公園からR40の姫野師匠とお弟子さんと出艇。

北風が吹くなか逗子方面へ向かいます。

柴崎を見てみると砂が流されて多くの陸地が無くなってしまいました。

岩だけ残った感じ。

材木座まで漕ぎました。

各地で漁師小屋が崩れたり浜がゴミだらけになっていたり。(ゴミに至っては人間が捨てたものが帰ってきたんですが。)


森戸までもどって一番でランチ。中華丼ボリュームたっぷりです。

姫野師匠、パドリングジャケット裏返しで着てたんですか?

名島周辺はどうでしょう?ぱっと見はそう変わっていないようですが・・・海は綺麗です。

最後は長者ヶ崎。砂が相当流されて、前より横須賀側に通り抜けやすくなりました。逆に砂浜がとても小さくなった感じ。

台風のパワーって凄いですね。また22号(サオラー)が同じコースです。被害が少ないことを祈ります。