カヤックを自分で補修してみた。

楠コータでございます。

カートップに自艇のショアライン・フェーゴを積載しようとしていたときに、うっかり落っことしちまいました。(≧へ≦)
バウ(船首)から40㎝の辺りがガッツリ割れてしまいました。クラックは一列ではなく四方に走っています。(;゚Д゚)

修理が必要です。

※ビルダーに持ちこめばキレイに治してくれます。(塗装の色を合わせるのは難しいかもしれませんが。)

今回は、自分で補修します。

このカヤックはFRPで出来ています。かなり簡単に説明するとガラス繊維のクロスを樹脂で固めたものです。なので補修にもガラスクロスと樹脂を使います。
まずは割れた部分をサンドペーパーで削り、バリを落とします。一部が少し凹んでいるので、内側から圧をかけて成形したいのですが、ハッチからでは手が届きません。
割れた個所の周辺にゲル状の樹脂を刷毛で塗ります。次にそこにガラスクロスを貼ります。
またその上から樹脂を塗布します。

これを繰り返して、今回は部分的には3重にクロスを重ねました。その後丸一日ほど放置して完全に硬化しました。次はサンディングします。荒めサンドペーパーでバリを削りながら少しずつ目が細かいもの変えて滑らかにしていきます。あまり削りすぎると貼ったガラス繊維まで無くなってしまうので、すこし膨らんでいるくらい残しておきました。

ガラスクロスと透明な樹脂なので傷が見えちゃってます。職人気質の方ならもっとキレイに仕上げるのでしょうが、工作が苦手なぼくでは、これが精いっぱい。見た目は荒っぽいですが強度重視で妥協します。
きっと、この傷跡を見る度にクルマに乗せるときは注意しようと「戒め」になるだろう。
ごめんなさい。もうしません。(>_<)

※キレイに修理したいときは時間とお金をかけてプロのビルダーに修理を依頼しましょう。