スイマーあるあるの罠

クスノキコータです。
リピータ―のケンタロさんとキョーコさんキムラ夫妻が、アウトドアランチ付きのスクールのようなツアーにいらっしゃいました。北風を避けて、西海岸に移動。和田長浜から出艇です。

日頃から逗子の海でパドリングしているお二人です。それぞれテーマをもってシングルカヤックで出発。南を目指します。

ケンタロさんは、最近気になる「グリーンランドパドル」で距離を漕いでみたい。キャッチの感じ、腕への負担を確かめながら漕ぎましょう。

キョーコさんは、フォワードストロークのフォームをチェック。

斜め後ろからの風の影響で右へ右へと向きを変えるカヤックを「スイープストローク」で方向を修正します。ここでもフォームをチェックします。

フォワードストロークは、あまり後ろまで漕いでも推進力に繋がりません。
前方でしっかり水をつかまえるように漕ぎます。

ここで発覚!! スイマーで指導者でもあるお二人は、若いころから「手首を使って水を掴まえて、後ろまでしっかり扱ぎ切る」が身に沁みついているので、ついつい後ろまで漕いでしまうのだそうです。(≧▽≦)

小網代湾内でも、ストロークチェックをして、ランチタイムに。
メニューは、三浦春キャベツのシャキシャキ豚なべと艶々コシヒカリ(おこげあり)です。

他にも、 スイマーあるある。 「前へ倣え」すると手首の角度で水泳選手だとわかってしまうとか、だそうです。(笑)
笑ってるうちに美味しい笑顔を撮影し忘れました。
さて午後もストロークチェックしていきましょう。

諸磯近辺は、今日も透明度バツグン。海底の海藻が春を告げています。

今度は、諸磯から荒崎まで4.5キロを、自分でストロークを確認しながら漕ぎましょう。

風も落ちて、いい陽気。丘も山桜が旬をむかえ、春爛漫です。
油断すると、 ついつい後ろまで漕いでしまう。(笑)

荒崎の「どんどん引き」まで着ました。

奥まで水は透明で綺麗ですが、日陰は肌寒いので、退散!!(笑)

力強い美しいフォームになってきました。(^_^)

和田長浜に戻って終了。
パドリングフォームはリフレッシュ出来たでしょうか?

意識が飛ぶと、パドリングに「スイマーあるある」がニョキニョキしてくるので、しばらく反復してください。(笑)
おつかれさまでした。(≧▽≦)