春・秋の快適ウェア

春や秋は、太陽が出れば温かいけど風が吹いたり曇れば肌寒くなる。ウェア選びが難しい季節です。

しかしシーカヤックは荷物が積めますので複数ウェアを持っていけます。
インナー(肌着)ミドル(中間着)アウター(上着)の3種類を、気候や気象の変化にレイヤード(重ね着)して対応します。

【春・秋の服装(4~5月頃と10~11月頃)】

■上半身

・ポリエステル100%のシャツ、ラッシュガード。
・ 肌寒い時は化繊の中間着 薄手のフリースなどおススメです。
・雨や風を防ぐウィンドブレーカーやレインウェアを着ましょう。

■下半身

・ 暖かい日はサーフパンツやボードショーツ。
・ 化学繊維のショート・ハーフパンツでもOKです。日焼け対策はレギンスやラッシュガード。
・ 肌寒い日は登山用のトレッキングパンツやレインパンツなどがおススメです。

■履物

・ウォーターシューズやダイビングブーツやクロックス、スポーツサンダルなど、泳いでも脱げないもの。
・ビーチサンダルのようにカカトがカバーされていないものは水中で脱げしまうので不可です。
・秋は比較的水温が高いですが、春は海水が冷たい時期です。防寒にウエット素材のソックスもあります。

■帽子

・春・秋でも日焼けしますし、雨を防ぎ、頭部を保護する必需品です。
・速乾性の高いナイロンなどの化学繊維のものがおススメ。
・首元の日差しを防いでくれるハットタイプがおススメ。
・風が吹くと飛ばされることもあります。アゴひもの付いていると便利です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする