冬の快適ウェア

あまり寒い季節にはじめる人は少ないと思いますが、もし海の上を歩くなら「防水・防風・防寒」が重要になります。アウターは耐水性が高いもの。パドリングの最中に袖から水が浸入しやすいので、手首がベルクロなどでしっかり閉まるものがおすすめです。これはアウトドアメーカーのハードシェルをお勧めします。ビニールのレインコートでは心許ないですね。アウターの下にミドル(中間着)を着て保温して漕ぎましょう。

漕いでいるときは、体を動かし続けているので、体は暖かく汗もかきます。休憩すると体温は下がり、かいた汗でさらに体が冷えることもあります。気候の変化にも対応できる、体温調整出来るようにしておくことが大事です。

【冬の服装(12~3月頃)】

■上半身

・ポリエステル等の化学繊維の長袖の肌着。重ね着も温かいです。
・レーヨン素材は速乾性が低くおススメしません
・ 化繊の中間着 フリースなど。ダウンは水に弱いので不可。
・雨、風、そして防寒のウィンドブレーカーやレインウェアを着ましょう。パドリングの最中に袖から水が浸入しやすいので、手首がベルクロなどでしっかり閉まるものがおススメ。

■下半身

・化学繊維の肌着・下着。レギンスなどで防寒しましょう。
・登山用のトレッキングパンツやレインパンツなど。
・ネオプレンなどウェットスーツ素材のウェアもOKです。※5㎜だと厚すぎで不可。

■履物

・ダイビングブーツ。もしくは長靴。カヤック内は狭いので足部分がコンパクトなもの。
・柔らかいレインブーツもおススメです。
・靴下。化繊やウールやネオプレン素材がおススメです。

■帽子

・ニット帽。耳まで隠れると温かい。
・フリースのネックウォーマーもおススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする