キャンプツーリングの小道具【照明器具の巻】

キャンプツーリングの小道具【照明器具の巻】

クスノキコータです。
「シーカヤックのキャンプツーリングしてみたい!キャンプしたことないけど!!」と、気持ちだけで迫ってくる愛すべきゲストたちの要望を受けて、今シーズンは暖かくなったら初心者向けのキャンプツーリングを企画します。「手ぶらでキャンプ気分」的グランピングもいいのですが、キャンプは行く前に自分で道具を選んで揃えるのも、楽しみの一つです。このブログでは、初心者向けのシーカヤックでのキャンプに適して道具選びに役立つ情報をおしらせします。
瀬戸内海を渉る(十八次 瀬戸内カヤック横断隊 備忘録)その7最終回

瀬戸内海を渉る(十八次 瀬戸内カヤック横断隊 備忘録)その7最終回

最終日の朝を迎えた。前日の西風は朝には弱まってくれた。しかし夜中の風のおかげで、近くの木に干していたウェアは乾いて、白く塩が浮いていた。この旅で、着替えが気持ち悪ない朝は初めてだ。風向きは北に変り、肌寒い。この旅で初めてニット帽と防寒用のアウターを着込んだ。
瀬戸内海を渉る(十八次 瀬戸内カヤック横断隊 備忘録)その6

瀬戸内海を渉る(十八次 瀬戸内カヤック横断隊 備忘録)その6

マツオカさんのカヤックは、デッキバックがビリビリに破かれ、カレーかラーメンかのビニールのようなものが散らかり、何やら食い物以外もいろんなものが散乱していた。ダイスケさんが「イノシシです。」あぁ、たしかに公衆トイレにも「イノシシ出没注意!!」のポスターが貼ってあった。
瀬戸内海を渉る(十八次 瀬戸内カヤック横断隊 備忘録)その5

瀬戸内海を渉る(十八次 瀬戸内カヤック横断隊 備忘録)その5

4時起床。また湿ったウェアに着替えながら右足の感じを確かめる。うん・・・昨日より幾分いい感じ。ロキソニンを貼りなおす。朝餉は白米とネギの味噌汁と三枚肉で、シンプルだけど、ほっこりする。(´∀`)
出艇準備も昨日よりはスムーズに出来た。静かに、少しづつ明けてくるこの時間の色彩が大好きです。
瀬戸内海を渉る(十八次 瀬戸内カヤック横断隊 備忘録)その4

瀬戸内海を渉る(十八次 瀬戸内カヤック横断隊 備忘録)その4

4時に起床。昨日より一時間はやくアラームをセットした。まだ外は寝静まっている。足の捻挫は・・・・前日よりかなり痛みが緩んでいる。ロキソニンって凄えなぁ!!とゆうかヤバい薬なのでは!?と効用に慄く。6時半のブリーフィングまでのパッキングで遅れをとり他の隊士の手を煩わすようでは、リタイヤも判断しなくてならない。
PAGE TOP