トウリョー、波と戯れる。

クスノキコータです。
クローサ(台風10号)のウネリが入ってきています。初心者向けのランチ付きツアーも中止です。がっかりです。(ToT)
そんな朝に、トウリョー参上!
トーリョーといえば、前回「トーリョー、七転八倒する」後も自主トレに励みロールを習得していました。

「おはようございます。漕げるかとおもってきたんだけど、波がおおきいですね。」
波があるときのビーチでは、出艇と帰着は注意が必要です。
「ツアーがないなら、講習できますか?」
そんなこんなで、急遽、サーフ講習になりました。

ヘルメットを被って、 腹をくくって。いざ!

遥か太平洋にある台風が起こす風波は、三浦半島に届くころには、大きな波長へ変わっています。
周期的に大波が数発連続で押し寄せます。サーファーが待ち望む「セット」です。
シーカヤックは、そのセットを避けて波が小さいタイミングで出艇し、ビーチブレイクするポイントより沖に素早く出ます。海をよ~く観察して、波が小さいポイント、周期を見計らいます。

満を持して、出艇を試みるトウリョーですが、波に飲まれてしまいました。
一度砂浜まで戻って再チャレンジします。波に果敢に挑みましたが、あともう少しのところで、波に押し戻されバックサーフィンして沈脱。砂浜まで押し戻されてしまいました。

一度、休憩してリセットしましょう。

再チャレンジ、今度は波に向かって猛然とダッシュ!

ブレイクポイントの外まで来れて、「ふ~っ」と大きく息を吐きます。ここまで出れたらもう安心。(^_^)

一度、沖に出てしまえば、嘘のように穏やかな海です。少しツーリングしましょう。

周期的に届くウネリ。 波長の大きな波の上を、揺蕩う。
今度は、上陸の練習です。ブレイクするポイントの外で、セットの周期を観察して、小さい時に素早く上陸します。

波の小さい時を見計らって、 サーフランディングに初挑戦。
セットのタイミングを避けて、浜に近づくも、波に乗ってしまい、そして転覆。
【その動画①がこちら】

休憩を挟んで、もう一度、出艇。
一度失敗したサーフランディングに再挑戦。
後方から来る大波の周期をよーく観察・・・

一度失敗したサーフランディングに再挑戦。
波が穏やかなタイミングで素早く上陸!!
【その動画②がこちら】

今度は、上手く安全に上陸することが出来ました。トウリョーまたスキルアップしました。(^_^)

※追い波で圧力で、シーカヤックが横を向いてしまうことをブローチングと言います。その場合、カヤックごと波側に傾け、ブレイクする波に寄り掛かるように、ローブレイスもしくはハイブレイスで姿勢を維持し、転覆を回避します。そのままビーチまで流されて上陸し、次の波が来る前に素早く降りてカヤックを安全なエリアまで引き上げます。【サーフブローチング画像】

この記事をフォローして♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA