海が心身にもたらす効果

クスノキコータです。
三浦海岸に引っ越してきて9か月が経ちました。
朝は、日の出時間の30分前に起きて、天気が良ければ、海を眺めながら浜を散歩する。

ブルーアワー から少しづつ東の空がオレンジに染まる頃、冷めた砂浜の上を歩き・・・朝日の光と熱を体に浴び、新鮮な空気を肺に吸い込み、吐き出す。

42才までサラリーマン生活をしていました。職場の同僚はいいひとばかりでしたが、毎日残業して休日出勤も多かった。

管理職のプレッシャーで、日々少しづつ濁り淀むようにストレスが溜まっていった。



どんなに忙しくても天気の良い週末は、シーカヤックインストラクターとして働いていた。

会社では「休日も海で働いて体力が持ちます?」なんて言われていたけど、むしろ海で波に揺蕩うだけで【癒されている】実感があった。

週末に 天気が悪くて海に行けないとリセットできなかった。


会社を辞めて、シーカヤックガイドとして海辺で暮す「恩恵」をますます感じている。ストレスが減り病気もしなくなった。

海からの距離とストレス

イギリスの某大学医学部の研究によると、 イングランド健康調査(Health Survey for England)の 参加者約2万6,000人のデータから 都市部から沿岸部に住む 住人で、不安やうつといった精神疾患を発症するリスクが高い人の割合を調査した。

イングランドの海岸部から50km以上離れた場所に住んでいる人に比べ、1kmくらいの距離に住んでいる人の方が低いことが分かった。

タラソテラピーとゆう「海洋療法」

「タラソテラピー」とは、 フランスのブルターニュ地方で生まれた、 海洋性の気候や、海に関連する健康素材を利用して、病気の改善や予防を図る健康法のこと。

海水を利用した水浴、吸入といった治療法があり、海の近くの施設での転地療養も、医療の一環として行われている。

リハビリテーションから、健康回復・健康づくりと幅広く用いられる。

昨今はビーチリゾートの施設で、泥や海藻でのパックや、海水プールでのエクササイズなどの「エステ」が主流のようだ。


海にはストレスを軽減する能力がある。

ぼくの友人たちにも、鎌倉・逗子・葉山・三浦に移住して、東京まで通勤する選択した人はたくさんいる。彼、彼女たちも少なからず「海に癒されてる」と感じていると思う。

引っ越ししなくても、休日に海に足を運ぶだけでも効果はある。

シーカヤックやSUPで海に出ると効果抜群。(^_^)

波に揺られなくても、ときどき海に来て、砂浜に座り波を眺めたり昼寝したり散歩するといい。生活の中にときどき「海」を加えるだけでも癒させるはず。

クスノキコータです。会社を辞めて、シーカヤックガイドとして海辺で暮す「恩恵」をますます感じている。ストレスが減り病気もしなくなった。

ふらっと、ふらっと海辺に足を運んでね。(^_^)

この記事をフォローして♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA