はじめてのシーカヤック

梅雨晴間、シーカヤックツアー

梅雨晴間、シーカヤックツアー

クスノキコータです。
暑中お見舞いももうしあげます。7月に入って、ますます梅雨らしい天気がつづいています。雨天もしくは強風で、なかなか海に出られない日が続いています。
先週末もツアーできるかな?中止かな?と天気予報とにらめっこ・・・
なんとか日曜日にシーカヤックツアーです。
【初心者向け】シーカヤックツアーの小道具 【防水バッグの巻】

【初心者向け】シーカヤックツアーの小道具 【防水バッグの巻】

クスノキコータです。
シーカヤックツアーに参加予定の方から多く寄せられる質問は、服装と「持ち物」です。そもそもシーカヤックツアーって荷物は持っていける?と疑問に思う方多いですよね。実はシーカヤックは荷物を載せることが可能なんです。
なぜなら、シーカヤックには荷室がついています。
今回の記事では、荷物を入れる防水バッグ選びのポイントをご紹介します。
【初心者向け】冬のシーカヤックの服装選び【ベースレイヤーの巻】

【初心者向け】冬のシーカヤックの服装選び【ベースレイヤーの巻】

クスノキコータです。
冬の海は、透明度が高くてとてもキレイです。冬でもシーカヤックツアーに参加したいけど、防寒の服装をどうしたらいい解らない。と悩んでませんか?
冬のシーカヤックツーリングの防寒の基本は「レイヤリング(重ね着)」外着・中間着・肌着 の組み合わせです。
【初心者向け】冬のシーカヤックの服装 【グローブの巻】

【初心者向け】冬のシーカヤックの服装 【グローブの巻】

クスノキコータです。

冬のカジュアルファッション小物の三種の神器と言えば、「マフラー、手袋、ニット帽」ですよね?

実は、シーカヤックの時でも、防寒のため着用しています。
冬の穏やかな海をツーリングするとき、耳が冷たいので「ニット帽」、首元の冷えを防ぐ「マフラー・ネックウォーマー」を普段と同じように使います。ウールやフリース素材のものです。

しかし、「手」は、通常の手袋ではなく、カヤック用の製品をお勧めします。