SUPのはなし

夏雲多奇峰(かうんきほうおおし)

夏雲多奇峰(かうんきほうおおし)

クスノキコータです。8月末頃の水曜日、今日の雲は、なんかスゴイ!(≧▽≦)
リピーターのミキさんと葉山方面へ。
葉山公園へ行こうと思っていたけど、途中の立石公園がガラガラだったのでそちらに駐車。
葉山方面へ北上しましょう。スノーケルセットをもっていこう♪
ミキさんの海の歩き方。

ミキさんの海の歩き方。

クスノキコータです。
「おはようございます。明後日は天気良さそうだし、休みとれそうなの。あいてます?」とミキさんからメッセージが届く。梅雨の晴れ間の平日、OKですよ!漕ぎましょう。(^_^)
これがミキさんのスタイル。もちろん事前の予約でいっぱいって日もあるけど、いつも満員御礼で入れないってほどではない。(残念ながらww)

来月のお楽しみイベントとしてのSUPやシーカヤックではなく。
日常のなかに、海に行くとゆう選択肢があるライフスタイルである。
立冬だって裸足の季節なの。

立冬だって裸足の季節なの。

クスノキコータです。
暦の上では「冬」でございます。リピーターのミキさんが、SUP初体験のランランをつれて遊びにきました。朝にはだんだん弱くなる予報だった北風は、予報が外れて東海岸は「ウサギが跳ねて」おります。ボードをクルマに乗せて、葉山公園に来ました。
わんぱく!冒険キャンプ 夏の陣

わんぱく!冒険キャンプ 夏の陣

クスノキコータです。
三崎にある bed&breakfast ichiの宿主ころすけが主催する「冒険キャンプ夏の陣」参加者は4年生から中2の子供たち。都会っ子が2泊3日で磯遊び・釣り・SUP体験で海を遊び倒します。僕は最終日のSUP体験をお手伝い。
ライフジャケットを着る理由

ライフジャケットを着る理由

クスノキコータです。
日本国内でシーカヤックで遊ぶとき、事業者とお客さん、そして週末カヤッカーまで、「必ず」と言っていいほどライフジャケット(PFD:パーソナルフローティングデバイスとも呼ぶ)を着用しています。 これはこのレジャーが日本に入ってきてから今まで多くの先人たちが安全のために啓蒙してきた功績です。