ライフジャケットを着る理由

日本国内でシーカヤックで遊ぶとき、事業者とお客さん、そして週末カヤッカーまで、「必ず」と言っていいほどライフジャケット(PFD:パーソナルフローティングデバイスとも呼ぶ)を着用しています。

これはこのレジャーが日本に入ってきてから今まで、安全とマナーを啓蒙してきたカヤック愛好家の方たちの功績です。

堅いお話をすると、
海上保安庁などのデータで、釣り、プレジャーボート、漁業事業など海に関わるシーンでライフジャケットの着用が海難による死亡、行方不明者の減少に極めて有効であることが分かっています。
統計では、ライフジャケットを着用のケースは、ライフジャケットを着用していなかった時よりも生存率が4倍程度向上することがわかっています。(海上保安庁の「うみまる通信」)

では、どんなライフジャケットを使用しているのか、
色々な種類のライフジャケットがあるのですが、シーカヤックで遊ぶとき、一般的にはベストタイプのPFDを使っています。浮力は約7.5㎏。

僕のは、このタイプです。どうですか?ちょっとゴツくないですか?

もっとシュッとしたデザインのはないのかな?

「ライフジャケットを着てるとどうなるの?」

水中では人間の体は、空気を吸うと体の2%が浮くようにできているそうです。身体の2%しか水面にでないのです。あなたの体重はどのくらいであるかは、さておき。人間の頭部(中身のスペックは関係なく)は約6~7キロあるそうです。少なくとも頭部を水面から出しておくには、ただ浮いているだけでは浮力が足りないのです。

そんなわけで、浮力が約7.5㎏あるものを使っている事が多いです。それなりのボリュームがあります。
キチッと着用すれば水面から頭部が出ている状態をキープできるので、溺水の確率がグンと下がります。

「なんでサーフィンでは着用しないの?」

カヤック以外にも、ヨット・ウィンドサーフィン・ジェットスキーなどのマリンスポーツはライフジャケットの着用は当たり前になっています。
でも、ほとんどのサーファーは、ライフジャケット着用していません。なぜでしょうか?
ロングでもショートボードでもビーチからエントリーするサーファーは、ブレイクする波の向こう側に出るとき、ドルフィンスルー(ダックダイブ)など水中に潜り、波の下をくぐってやり過ごす方法をとります。ライフジャケットを着用していては潜れません。

またサーフィンで遊ぶポイントは、ビーチから近いことがほとんどです。ヨット・ウィンドサーフィンのようにビーチから遠く離れることはありません。充分泳いで帰ることが可能なエリアでの遊びなのです。
マウイのジョーズなど、手でのパドリングでは乗れないような巨大な波に挑む場合など、トーインサーフィンといってジェットスキーに引っ張ってもらうときには、ちゃんとライフジャケットを着用しています。

「SUPはどうなの?」

SUP(スタンドアップパドル)の遊び方は多様です。SUPサーフィンの場合、ボードに立てるほどの浮力が有るためドルフィンスルー(ダックダイブ)は出来ません。
クルージングやレースの場合は、ビーチから数キロ離れることは普通です。ライフジャケットは着用するべきです。
「ボードに浮力があるから平気?」リーシュはウレタン素材にしてもバンジー素材にしても切れます。「消耗品」です。やはりライフジャケットを着用したほうが安心です。

とは言え、シーカヤックもSUPもヨットもみんな「遊び」ですから、カッコつけたいですよね。ライフジャケットも、もっとオシャレなデザインのものが増えるといいのですが。

個人的にも、かっこいいビキニの上にライフジャケットって・・・ちょっと残念なときだってありますよ。(笑)