コラム

【基本】登山ともサーフィンとも違う、冬のシーカヤックの防寒の考え方

【基本】登山ともサーフィンとも違う、冬のシーカヤックの防寒の考え方

クスノキコータです。

実は、三浦半島でシーカヤックを趣味にしてる方たちは、一年中漕いでいます。冬の海は透明度も高くてとてもきれいなんです。

なぜなら、冬のカヤックツーリングに適した「海の防寒の基本」を理解した装備で漕いでいるからです。

この記事では、登山などのアウトドアとは違う、「海の防寒の考え方」をご紹介します。
これを踏まえると、海での快適な服装選びが出来るようになります。
【はじめてのシーカヤック】「海を歩く」その前に、心配しちゃう4つのこと

【はじめてのシーカヤック】「海を歩く」その前に、心配しちゃう4つのこと

クスノキコータです。
一番多く聞かれる質問を4つをあげて解説します。
そして、なぜ「海の上の歩き方」なのかもお答えします。
「体力が無いけど大丈夫!?距離はどのくらい漕ぐの?」
「シーカヤックはひっくり返らない!?」
「服は濡れるのかな!?」
「泳げないけど大丈夫!?」
海が心身にもたらす効果

海が心身にもたらす効果

クスノキコータです。
会社を辞めて、シーカヤックガイドとして海辺で暮す「恩恵」をますます感じている。ストレスが減り病気もしなくなった。
シーカヤックガイドとインストラクター

シーカヤックガイドとインストラクター

僕は「シーカヤックインストラクター」で「シーカヤックガイド」になった。この二つは一見同じようで、実は異なる仕事だ。 「シーカヤックが上手な人」のパドルリングテクニックではない。それぞれの別のスキルが必要だ。シーカヤックガイドは、海にゲストをお連れして、安全に楽しく「非日常の体験」をしてもらうように奉仕する仕事。シーカヤックインストラクターは、受講者が自分自身で安全に海を航行できる知識と技術を指導する仕事。