どこでも眠れるのは、才能である。

クスノキコータです。
三浦の移住者仲間のナガサカ夫妻ヨースケくんとエリちゃんがシーカヤック1DAYツアーに来てくれました。
西表でマングローブツアーに参加した経験がありますが、ツーリングカヤックは初めてです。

少し北風だったので、三戸浜から出艇します。

がんばらずに行きましょう。

前でしっかり水を捉えて進んでいます。追い風に押されてスピードUP

エリちゃんが、「もうお腹がへった。」と。そのまま荒井浜へまっしぐらでランチタイムでした。(≧▽≦)

11月の水曜日でも営業してる「海の美術館」でランチ。腹ごしらえも済んで、リスタート

まだ北風が少し。油壷湾へ行ってみよう。

湾の奥は、風もなく穏やか。

世界でも歴史の古い臨海実験所の「東京大学三崎臨海実験所 」老朽化で解体のうわさもある。

油壷湾から出ると、向かい風。夫婦で協力して漕ぎ進む。

小網代湾へ。

こちらも湾の奥は穏やか。

とても静かだ・・
こうゆうときに「水を打ったように・・」とゆう言い回しはおかしいかな。
太陽も出てきてポカポカしてきた。

少し休憩。エリちゃんの首がコクリ、イカダを組んでカヤックが安定したら、本格的に寝た!?ww
このあと約7~8分間このまま眠っていた。違う場所にいる夢まで観たらしい。 (≧▽≦)

ガイドを10年以上やっているがカヤックの上で二人とも眠った夫婦ははじめてである。 www
ちなみに、居眠りして転覆したカヤッカーは見たことがある。

陽も傾いてきた。そろそろ帰ろう。

最後は二人ともしっかり水を捉えて、すばらしい推進力で漕いでいました。

ありがとうございました。
普段暮らしている三浦の海は、如何だったでしょうか?(^_^)

長坂絵理さんは、三浦に移住してきた女性建築士。

「練建築舎」です。 店構えが団子屋みたいだが、一級建築事務所です。www

この記事をフォローして♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA