【三浦ぐらし】海辺の街で、「地魚を捌き食す会」

クスノキコータです。
三方が海という豊かな漁場に囲まれている三浦「三崎まぐろ」だけじゃなく、地魚も大変豊富です。地産地消が三浦の魅力の一つです。
今回は、 MISAKI STAYLE の企画「地魚を捌き食す会」に参加してきました。

キッチン松輪で、「三崎地魚まぐろ料理 海舟」の草間一成さんに、魚の捌き方、そして捌いた魚の料理を教えていただいてきました。

  松輪といえば、「サバ」です。(^_^)
捌いたことは何度もありますが、我流で、身はボロボロで骨が残っていることが多かったので、プロの包丁捌きをみせていただけて勉強になります。

包丁を入れる順番、角度、ポイントを丁寧に説明してもらって、

自分たちで一匹ずつ、捌いてみます。

身が残るように骨、ヒレを取っていきます。

三枚おろしに出来ました。嘘です。これは他の方が綺麗におろしたものです。ぼくのはあまりキレイじゃなくて撮影し忘れました。(笑)

半身は「煮付」に、

もう半身はとゆうと・・・

大葉、ゴマを加えた、酢飯をつくり・・・

ラップで巻いて・・・

「巻きサバ寿司」 になりました。

もう一種類のお魚は、「カサゴ」 岩礁や海藻の森などに生息する 根魚です。

口がデカくてヒレやらエラやらが刺々しいので、刺さらないように内臓とエラを取り除きます。

酒蒸しになりました。

そして、

エノキ、シイタケ、フカヒレの入った餡をつくり、

「カサゴの姿酒蒸し餡かけ」の完成です。
(美しい・・・これは僕の盛り付けではありません。)

アラもきれいにウロコを取って、

「アラ汁」にしてくれました。

完成しました。(^_^)

サバの巻きずし・サバの煮付・カサゴの酒蒸し餡かけ・ サービス (アラ汁・お刺身)

全員で、いただきま~す。(≧▽≦)

たいへん美味しゅうございました。お腹もいっぱいになりました。(≧▽≦)

ありがとうございました。

草間さんのお店 「三崎地魚まぐろ料理 海舟

三浦市へ移住支援と空き家相談「 MISAKI STAYLE

この記事をフォローして♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA