【初心者向け】冬のシーカヤックの服装選び【防水・防風ジャケットの巻】

クスノキコータです。
冬の海は、透明度が高くてとてもキレイです。冬でもシーカヤックツアーに参加したいけど、防寒の服装をどうしたらいい解らない。と悩んでませんか?

【初心者向け】冬のシーカヤックの服装選び【基本】の巻で解説しましたが、冬のシーカヤックツーリングの防寒の基本は「重ね着」外着・中間着・肌着 の組み合わせです。
この記事では、アウターの「防水・防風ジャケット」について解説します。
冬だけでなく、春/秋でも使えるジャケットも紹介しますので、参考にしてください。

【カヤック用パドリングジャケット】

カヤック用の「パドリングジャケット」とゆうものがあります。
防水性に優れ、浸水にくい工夫がされ、上からライフジャケットを着る仕様になっています。

下記のシンプルなパドリングジャケットは、手首・首・ウエストがしっかりしたベルクロで水の侵入を防ぐ構造になっています。

ライフジャケットを着用するため、フロントジッパーの前開きのタイプはありません。

パーカーやアノラックといった、フードがついているものあります。
フードは、「漕いでいて風をはらむ」とか「沈して水が入ると邪魔になる」など賛否両論ありますが、僕は突然の雨の時に便利なのでフード付が好きです。

やはり、カヤック用のジャケットは浸水に強いです。
カヤック専門店はネットより商品種類も豊富なので、 購入の時は相談に乗ってもらうのをお勧めします。

【アウトドア用のハードシェル】

カヤック専用のウェアは、まだちょっと・・・とゆう方もいますよね?
そんな、あなたには、登山用のレインウェアでも大丈夫です。
ポイントは、ゴアテックスなど防水性の高い、「ハードシェル」を選んでください。山では重宝するソフトシェル系のジャケットは「撥水性」とゆう表現がされていることが多く、雨の他に、波しぶきを被るような海では、ちょっと心もとない。
上からライフジャケットを着用するので、大きなポケットがあったりインナーがついているマウンテンパーカーより、シンプルなレインジャケット的なものがオススメです。

ヨット用のレインジャケットは、シーカヤックにもは適しています。

【オススメ、ネオプレンのリストガード】

カヤック用ではない、アウトドアジャケットでは、どうしても手首からの水の侵入が心配。そして、濡れた袖口は、風に当たるとつめたくなります。
そんなとき、ウエットスーツ素材(ネオプレン)のリストガードをすると格段に快適になります。

まとめ
●カヤック用のパドリングジャケットは専門店で。
●登山用のレインジャケットなら「ハードシェル」がオススメ
●ネオプレンのリストガードでさらに快適。

この記事をフォローして♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA